• 2006/02/25
  • 執筆者: Yamaoka (1:50 pm)

またテレ朝幹部が不祥事? 国税局が異例の長期調査

●『週刊ポスト』も報道のプロジューサー、血縁者に元大臣、系列局社長も

 本紙は05年3月、「暴行を働き、辞職していたテレ朝政治部長」なるタイトル記事を配信している。
 あるテレビ朝日の良識派とされる中堅幹部はこう吐き捨てる。
「先日、この問題のOBがうちの番組に出て、永田議員の堀江3000万円メール問題について、批判的なコメントを述べていたが、“お前にそんなこという資格があるのか!”と、思わず呟いてしまったよ。なぜ、あんなOBを使うのか。自社のことながら情けないですよ」
 ところが、そのテレ朝でまた幹部の不祥事疑惑が起きている。
 今週発売の『週刊ポスト』(3月3日号)は、東京国税局の定例調査が長引いており、それはある名物プロジューサー周辺で巨額の不明金が出ているためのようだと報じている。
 このKプロジューサーの血縁者(故人)は当選10回以上重ね、大臣も経験した。
 また、テレビ局は免許制で、その点に深く関わるのは国会では逓信委員会だが、その大臣経験者は長らくその委員会のボスだった。しかも、同じく血縁者のなかにはテレ朝系列の某地方局の社長もいる。
 まさかとは思うが、こうした一族の関係が、社内処分を引き延ばし、彼を増長させていたのだとすれば、まさに公共放送を公私混同していると言われても、テレ朝幹部は言い訳できないのではないか。

●厳正に対処する? 未だ首にならない酒気帯び運転で逮捕のプロジューサー

閲覧数 (89323)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 4月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »