• 2006/05/19
  • 執筆者: Yamaoka (9:10 am)

トーマツから監査で「待った」をかけられたアーバンコーポレイション

  東証1部上場の不動産会社「アーバンコーポレイション」(本社・広島市)は5月15日、2006年3月期決算の監査で、監査を担当するトーマツと意見が対立して監査報告書に判子をもらえず、結果、予定していた決算発表日を延ばすという異例の事態になり、関係者の間で注目を集めている。もっとも、18日にはその内容を公表、業績を下降修正することで話がついたようで、株価も19日には元に戻った。
 かつては、監査料さえもらえば簡単に判子を付く傾向の強かった監査法人だが、つい先日もカネボウの粉飾決算を見過ごすなどして中央青山監査法人が営業停止になったばかり。これでは監査に慎重になるのは無理もない。
 しかも、アーバンコーポレイションといえば、過去、何かとよからぬ話題を振りまいて来ているだけに、それでも、なお何かあるのでは、と憶測が憶測を呼ぶ向きもある。

閲覧数 (64048)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (119)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2018 8月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 7 »