• 2006/06/11
  • 執筆者: Yamaoka (4:20 pm)

<主張>安田好弘弁護士バッシングは正論か?

「7年間、裁判を傍聴してきたが、これほどの屈辱は初めて」??こんな遺族の怒りの会見の様子が、TV等で大々的に流れたのは今年3月14日のことだった。
 この日、山口県光市で1999年4月に発生した母子殺人事件の上告審弁論が開廷されるはずだった。そのため、遺族や関係者ははるばる山口県から上京、最高裁法廷にやって来ていた。ところが、被告(犯行時は未成年。24歳。1・2審は無期懲役判決)の弁護人である安田好弘氏等2人の弁護士が欠席したため、開廷できなかった。
 遺族の怒りはわからないわけではない。
 だが、この間の事情をよく検討すると、批判されるのはむしろ裁判所側ではないのか。

閲覧数 (99052)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 8 »