• 2006/08/03
  • 執筆者: Yamaoka (9:00 pm)

ハリー・ポッター翻訳者申告漏れで、邱永漢氏は大丈夫? の声

 7月26日、超ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの日本語翻訳者・松岡佑子さんが、同シリーズの翻訳料などの所得を申告してなかったとして、東京国税局から2004年までの3年間、約36億円の申告漏れを指摘されていると報じられた。
 松岡さんが所得を申告しなかったのは、自分はスイスに居住しており、したがってスイスで納税していたから。だが、国税局は実際の生活の本拠地は日本にあると判断した結果だ。
 彼女のような高額所得者の場合、わが国での税率は50%。これに対しスイスは40%弱で、スイスを居住地とした方が節税になる。そのため、彼女はスイス・ジュネーブにマンションを購入したと思われるが、こちらが「居住地」と認められるためには、スイスでの滞在日数が日本より上回っていることが最低条件。ところが、日本での滞在日数の方が多かった。
 なぜ、こんな基本的なミスを犯したのか。ある事情通はこう見る。
「年間185日(365日ー180日)はスイスにいたから、大丈夫と彼女は思っていた。ところが、この185日は185泊して有効なんです。例えば、スイスで10泊11日いて、それを年間10回繰り返したとします。国税の計算はそれは10日×10回=100日。これに対し彼女は11日×10回=110日。こうした計算違いの結果ではないでしょうか」
 ところで、邱永漢氏といえば、“投資の神様”とも言われた投資コンサルタント。直木賞作家でもある。
 彼の場合も節税も兼ね、1992年から香港を「居住地」としている。
 ところが、冒頭記事(『夕刊フジ』2003年3月26日号)のように、やはり東京国税局は香港が「居住地」とはみなさず、過去3年間に渡って約6000万円を追徴課税されていた。

閲覧数 (18862)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
(1) 2 3 4 ... 8 »