• 2006/10/09
  • 執筆者: Yamaoka (4:00 pm)

フジテレビ・日枝会長を悩ませた、あの旺文社元社長・赤尾一夫氏が死去

 10月9日の全国紙社会面(=写真左。「毎日新聞」より)に載ったように、赤尾一夫氏(写真右記事の顔写真)が10月4日に58歳という若さで死去していたことが明らかになった。
 赤尾氏といえば、「旺文社」を創業した赤尾好夫氏の長男。かつて「文化放送」はこの旺文社グループ企業だったわけで、一夫氏は旺文社社長を務めただけでなく、文化放送を通じるなどして東証1部「フジテレビジョン」(以下、フジテレビ)、同「テレビ朝日」に大きな影響力を有し、フジテレビ役員に就いていたこともある。
 何しろ、一時はフジテレビ株の28・4%、テレ朝株の21%を実質、所有し、隠れた“わが国のメディア王”と言われたことさえあったのだ。
 だが、その一方で、2世にありがちなボンボン体質に加え、薬物疑惑の噂があり、その関係で闇社会との関係が絶えずついて回っていた。
 本紙既報のように、あろうことか、政治結社にフジテレビが「詫び状」を出したのも、まさに役員に就いていた一夫氏の存在が最大の原因だったし、同じく本紙記事のように、日枝久会長共々、同じ暴力団関係者に脅されたとする情報が出ていたのも、役員同士だったという関係故のことだったと思われる。
 こうしたなか、所有するテレビ株も次々と売却。旺文社株も手放し、この死去広告が伝えるように、最後には、節税を兼ねた「センチュリー財団」(鎌倉市)理事長の肩書きだけと、余りに寂しい最期だったと言わざるを得ない。
(写真右手ビル=赤尾一族関連会社が所有する東京文京区物件)

●フジテレビに出されていた、赤尾氏の薬物疑惑に触れた「質問状」

閲覧数 (96228)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »