• 2006/10/11
  • 執筆者: Yamaoka (6:00 pm)

最高裁で敗訴しても、「暴力行為はあったと認められた」と強弁する“世界のネスレ”

 10月6日、最高裁において、国際的な食品企業「ネスレ」(本部・スイス)の日本法人・ネスレジャパン(本社・神戸市)による解雇事件(地位確認等請求事件)の判決言い渡しがあり、ネスレ側が敗訴したことは本紙でも既報の通り。
 ところが、ネスレ側は最高裁の判決は、解雇理由とされた暴行の事実はあったが、7年も前のことで、それを最近になって懲戒理由にはできない旨、虚偽の主張をしているという(「10・6最高裁判決の意味について」)。
(写真=組合側ブログより転載)

閲覧数 (84445)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »