• 2006/10/15
  • 執筆者: Yamaoka (3:00 pm)

宮内義彦オリックス会長の“番犬”と名指しされた稲田朋美代議士

 冒頭に掲げたのは、ある団体が「オリックス」の宮内義彦会長に出した「質問状」の後半部分(前頁は後ろに掲載)。
 その主張は、本紙がこれまで紹介して来た「告発状」などと基本的に変わらないので、説明は特に加えない。
 今回は、宮内会長と一緒に槍玉に挙げられている稲田朋美代議士(=写真。自民党・無派閥。48歳。弁護士でもある)に関して紹介しておきたい。
 というのも、オリックスや宮内会長の責任をいくら追及しても、梨のつぶて、一方、お役所も沈黙するばかりのなか、批判勢力は、安倍政権でも存在感を高めつつある稲田代議士追及に方向転換、彼女の関わりがクローズ・アップされて来るとの情報を掴んだからだ。
 小泉チルドレンの一人として、05年の郵政選挙で福井一区から、郵政民営化反対の松宮勲前職の“刺客”として自民党公認で出馬。わずか373票差で勝った弁護士。
 タカ派で知られ、小泉首相(当時)の靖国参拝違憲訴訟で、出馬前から国側弁護団の一員として参加していた。その他、南京百人斬り名誉毀損裁判、沖縄集団自決冤罪訴訟などの弁護も手がける。

閲覧数 (21063)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (119)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2018 8月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
« 1 (2) 3 4 5 ... 7 »