• 2007/01/09
  • 執筆者: Yamaoka (10:08 pm)

「オリコン」のライターへの5000万円提訴について、元名物編集長が本紙にコメント

「オリコン」(本社・東京都港区。小池恒社長=横写真)といえば、いまもヒットチャートなど音楽情報を提供する最大手。2000年11月にはヘラクレスに上場し、07年3月期は約65億円の売上げ(連結)を見込んでいる。
 そのオリコンが昨年11月17日、フリーライターの烏賀陽弘道氏が名誉毀損行為を行ったとして5000万円の損害賠償と謝罪を求め、東京地裁に提訴したのは既報の通り(真上写真=訴状の一部)。
 問題にされているのは昨年3月発売の月刊誌『サイゾー』に掲載された『“初登場第1位”は上げ底か!? ジャーニーズは超VIP待遇!? 事務所とオリコンの蜜月関係」なるタイトルの編集部記事に寄せたコメント。ただし、同社自身認めているように、烏賀陽氏は2003年2月発売の週刊誌『アエラ』(朝日新聞社)に「オリコン独占去った後チャートはどう読む?」というタイトルの署名記事を書いており、それも根拠不明で誹謗中傷したことが発端だという。
 そのためなのだろう、通常、名誉毀損訴訟では出版社も訴えるし、まして『サイゾー』記事はコメントを寄せているだけなのに、そのコメントの箇所だけが名誉毀損に当たるとして烏賀陽氏だけ、それも5000万円という高額訴訟を提起したのだった。
 それだけでも十分に特異だが、加えて、同社の場合、同社プレスリリースのなかで烏賀陽氏が名誉毀損を認め、謝罪したら「提訴はすぐ取り下げます」(前出・社長プレスリリース参照のこと)と、提訴が“恫喝手段"であると公言しているといえ、これまた特異。
 こうしたことから、自然発生的に烏賀陽氏を支援する動き、また、「オリコンは資本力を背景に横暴だ!」といった声が出て来ており、オリコンの思惑とは違った展開を見せているとの指摘もある。
 こうしたなか、本紙は実に興味深いコメントをもらうことが出来た。
 その人物とは、現在、政治ジャーナリストで、元『総合芸能市場調査』編集長の渡辺正次郎氏

閲覧数 (24779)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 4月  »  »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »