• 2007/03/20
  • 執筆者: Yamaoka (2:39 am)

<*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第2回「 森進一『おふくろさん』を巡る、骨肉の争いの真相」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。


 歌手の森進一(59)に、森の恩師とも言える作家でヒットメーカーの作詞家・川内康範氏(87)が、自分が森に書き下ろした森の看板曲『おふくろさん』を「今後、絶対歌わせない!」と激怒会見。
 これに対し、中・高年女性の間で、「若い者をあんなにいじめることはないのに」と、森に同情する声がある。が、ちょっと待て。
 義理人情、筋を通す川内氏がなぜそこまで激怒したか、森の過去・現在までの生きざまを知らずに、一方的に同情するな!
 筆者は森デビュー当時、レコードヒットチャート誌編集長で、彼のデビューのいきさつ、森と所属プロとの不穏な関係等をよく知っている一人として、川内康範氏を全面的に支持する。
 泣き節ど演歌の森が、当時の音楽業界を支配していた渡辺プロに所属している時、強い抵抗があった。それはナベプロの渡邊晋社長がジャズバンドのバンドマスター出身であり、クレージーキャッツとグループサウンズ、ポップス歌手中心で、ど演歌、しかも泣き節掠れ声の森に嫌悪感さえ抱いたからだった。
 結局、ナベプロの重役でもあったチャーリー石黒(「チャーリー石黒と東京パンチョス」リーダー)が個人的な形で引き受けた。
 当時、筆者は20代で、レコードヒットチャート誌初代編集長として、発売前にレコードヒット予想を一〇〇%的中させる異能さが業界一の評価で、レコード会社、プロダクション、歌手が日参。歌手のオーデーション審査員や会社のレコーディング立会いに引っ張り凧。自分で言うのも何だが、肩で風を切る勢いでごう慢そのものだったようだ。もちろん、新宿のホステス300人を招待して開かれた森進一のデビュー曲『女のためいき』発表会にも主賓として招かれ、翌週ヒットチャート誌で大きなスペースを割き、「大ヒット確実、レコード店は大量仕入れを」と書いた。

閲覧数 (22597)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »