• 2007/03/24
  • 執筆者: Yamaoka (9:47 pm)

「政府転覆」を公言する都知事選立候補者

 3月22日、立候補は締め切られ、いよいよ都知事の選挙戦はスタートした(投票は4月8日)。
 立候補したのは14名(写真=「毎日新聞」3月23日都内版より)で、本紙・既報の、長崎市長(当時)を銃撃して服役したことのある、政治結社「正気塾」幹部・若島和美氏は立候補を最終的に見送った。関係者によれば、資金面などで手当がつかなったためという。
 だが、ある面、この若島氏以上に過激な者が立候補していた。
 冒頭写真中の赤色で囲った外山恒一氏(36)がその人だ。
 以下に、彼の選挙用ポスターと思われるものを掲げておくが、「思われる」というのは、その内容が余りに過激だからだ。
 大見出しは「政府転覆」。自らの名前の横には「反政府組織指導者・前科二犯」との肩書きが付き、他には「まだ反抗期」、「管理社会粉砕!!」といった見出しも躍る。また、他のビラらしきものには「鹿児島県隼人町の熊襲の穴で、『造反有理革命無罪』と唱えながら、処女の馬から生まれた」といったプロフィールも書かれている。

閲覧数 (95889)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 8月  »  »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
(1) 2 3 4 ... 8 »