• 2007/04/04
  • 執筆者: Yamaoka (5:08 am)

防衛利権巡り内紛の山田洋行と三井住友銀行とのただならぬ関係

 前回、本紙では防衛省からA級競争入札業者の認定を受けている「山田洋行」(東京都港区)で内紛が起き、訴訟にまで発展していることを報じた
 提訴したのは現在、東京相和銀行(現・東京スター銀行)の故・長田庄一氏の大番頭だった山田正志の息子・真嗣氏が代表を務める山田洋行であり、被告は同社を出てライバル企業「日本ミライズ」を立ち上げた元幹部等。
 その内紛の契機だが、それは「弥生不動産」の不良債権処理にあった。
 一般には知られていないが、山田洋行の95%の株式は、山田一族のこの不動産会社が握っている。さらに前出・真嗣氏も約3%所有、おまけにこの弥生不動産の社長でもある。
 そうした関係から、バブル時代の同不動産会社の負債のツケが、“子会社”である山田洋行にも及び、山田一族は山田洋行を別会社に売却する動きもあったようだ。
 これに対し、山田洋行の前社長だった宮崎元伸氏(現・日本ミライズ社長)等が反発したという構図なのだ。
 さて、では今回の本題、三井住友銀行とのただならぬ関係について報告しよう。
(写真=残った山田洋行側を支援している、防衛利権で暗躍する秋山直紀氏が専務理事を務める「(社)日本平和・文化交流協会」の事務所が入る国会近くのパレロワイヤルビル)

閲覧数 (102904)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 6月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »