• 2007/05/23
  • 執筆者: Yamaoka (3:23 pm)

小沢一郎「事務所費」問題ーー死去後、遺族が相続の前例あり

 本紙でも追及して来た、小沢一郎民主党代表の「事務所費」問題について、5月20日発売の総合情報誌『FACTA』6月号が、極めて重要な記事を書いている(写真)ので紹介しておきたい。
 この問題の核心は、政治団体には法人格がないことから、団体名(陸山会)では購入不動産を登記できないため、小沢一郎氏の個人名義で登記していると小沢氏側は主張しているが、本当にそうなのかという点。
 実際は小沢氏個人が所有しているつもりで、小沢氏の死後、もし遺族に所有権が移るようなことがあれば、公的な政治団体資金を私物化していることになる。
 だが、登記に出ている「小沢一郎」名が個人なのか、それとも政治団体代表としての小沢氏なのか、外からは見分けがつかないし、そもそも公的政治資金で大量の不動産を購入すること自体、不適切ということで問題になっていた。
 もちろん、小沢氏は政治団体「陸山会」の代表として登記していると主張したのだが、実は小沢氏同様、政治団体資金で複数の不動産を購入したと主張していたにも拘わらず、その不動産を死後、遺族が相続しているという前例があったのだ。
 その政治家とは玉置和郎元総務庁長官(故人)で、政治団体は「玉置会」(自治省に届け出の政治団体)、または「宗教政治研究会」(代表が玉置氏)。
(以下にこの3物件の登記簿掲載)

閲覧数 (24043)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 6月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »