• 2007/06/04
  • 執筆者: Yamaoka (7:09 pm)

<*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第11回「“現代の歌姫”宇多田ヒカルの祖母(藤圭子母)は、目が見えていた!」(?)

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。

 
 <第?回原稿
 藤圭子の母は目が見えるーーその現場をつかんだ話は後述するとして、キングレコードとの約束の日、スタジオには赤間制作部長と女性ディレクター3人がいて丁重に迎えられた。
 面映ゆい感じがしたが、うるさい男が太鼓判を押した少女を連れてくるということで、敬意と期待が半々だったようだ。
 O企画の林専務と阿部純子を紹介すると、3人の女性ディレクターの目が変わっていた。当日、お下げ髪の阿部純子は白いパンタロンスーツと白いギターだったと記憶している。
 純子が白いギターを抱えて金魚鉢の中心のマイクの前に立った瞬間、亀戸のキャバレーの薄暗い席でスカウトした直感は間違っていなかったと確信した。
 純子が歌った曲名は覚えていないが5曲だった。自らギターを奏で出すと、いきなりパンチの効いたポップスを歌いだした。
 純子は私がギターを持ってくるように伝えた意味を直感で読んでいたのだろう。そういう直観的判断力もスターになる大きな要素でもある。彼女は浪曲師夫婦の間に生まれ、生まれながらに歌の才能を身に付けていたと認めてよい。5曲のうち、いわゆる演歌は1曲だった。
「お疲れ様」の声で、レコード会社の人たちが待つミキシングルームに不安げな顔で戻った彼女を大きな拍手が迎えた。特に女性ディレクターたちが好意的眼差しを示していた。
 赤間部長はエレベーターで送りながら私に、「来月の編成会議は決まっているんですが、急遽割り込ませます」と約束した。
 これは特例である。人材のいない新興レコード会社ならともかく、当時、キングレコードは春日八郎を初めとしてスター歌手、しかも会社に貢献度の高い大物歌手が大勢いたから、その人たちの新曲発売等の編成会議に、無名の新人を割り込ますのは容易なことではないのは私はよく知っていた。

閲覧数 (23837)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »