• 2007/06/18
  • 執筆者: Yamaoka (3:24 am)

延命“錬金術”がいよいよ限界、を予感させるヒューネットの「お知らせ」

“危ない上場企業”の代表といってもいい、ジャスダック上場不動産会社「ヒューネット」(本社・東京都北区)が、またとんでもない「お知らせ」を出してくれた。
 6月14日の「新株予約権の取得のお知らせ」がそれ。
 今年3月26日の本紙記事のように
名前を聞いたこともないDBZという投資ファンドが新株予約権の一部を引き受けていた。ところが、ヒューネットの株価が一向に上がらないため、この間、引き受け分の1割も転換できず(400個中34個)、有り体にいえば、怒らせてしまったわけだ。
 もっともそれも無理ない。この新株予約権、最低21円の下方条件が付いているが、このお知らせがあった6月14日の終値は22円。この間、株価はまったく大幅上昇していないのだから(このチャート図参照のこと)。

閲覧数 (28902)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (127)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 7月  »  »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
(1) 2 3 4 ... 8 »