• 2007/07/12
  • 執筆者: Yamaoka (2:32 am)

<*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第17回 「大ヒット曲『よこはま・たそがれ』を筆者に発掘してもらった五木ひろし」(上)

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。


 筆者が発掘した宇多田ヒカルの母、藤圭子の記事も反響が大きかったようだ。同じく発掘したカルメン・マキは前回、羽賀研二の関係で少し触れた
 それよりも、私が音楽業界引退直前に発掘し、今も歌謡界の大スターとして活躍している男性歌手のことを書こう。
 藤圭子はスターになってから私に再会した時、「先生、私に出来ることがあったら何でも仰ってください」と言ったことは既に述べた。心の片隅に受けた恩を感じていたのだろう。
 ところが、銀座の小さなスナックの片隅で弾き語りをしていた男が、私の一声で大スターになった。しかし、お礼一つ言って来ない。それが五木ひろし(上写真)だ。
 芸能人や政治家は大体こんな恩知らずの人種が多い。デビューするまで、そしてスターになるまではマネージャー(社長)やディレクターを、大げさな表現をするなら神のごとく上げ祭り上げる。ところが、こうした連中はスターになると自分の力で成ったと思う人種なのだ。
 この点、政治家という人種も大変似ている。彼らも立候補して当選するまで選挙参謀を神のごとく崇める。選挙民にも米搗きバッタのように・・・そうそう、人間と間違って電信柱にまで頭を下げ、数百人のジジイ、ババアの宴席でも一人ひとり酌をしてご機嫌をとる。
 そして当選を二度、三度重ねると参謀を退け始める。それこそ自分の力で当選したと思い込むのだ。
 その好例が石原慎太郎の長男・石原伸晃(上写真)だろう。二度目の当選後、親の七光りはいらない、などと傲慢口を叩いて三回目に落選している。

閲覧数 (23389)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 4月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »