• 2007/07/23
  • 執筆者: Yamaoka (12:46 pm)

矢野経済研究所の上場に生き残りをかける「オープンインタフェース」だがーー当局も注目

 ヘラクレス上場の情報・通信系企業「オープンインタフェース」(本社・東京都港区)だが、創業者の純浦誠氏は「上場こそが目的」といった新興企業トップの典型的方だったようで上場してまもなくほとんどの持ち株を売却、経営から手を引いてしまった。
 現在、上場時(2001年9月)に取締役だった杉山文彦氏(上写真)が社長を務めているが、技術系出身で経営には疎く、度重なる転換社債などの発行の挙げ句、気づいたら神長大氏率いるグループに実質、経営権を握られるような事態になっていた。
 赤字が積み重なり、監査法人には「継続企業の疑義注記」をされたばかりか、今期監査においては「適正」のハンコを押すことを拒まれる有様。すでに約2年前から株価の下落が止まらない(下写真=チャート図参照)のはご存じの通り。
 そんな同社の最後の頼みの綱が、連結子会社「矢野経済研究所」の上場、売却と言われる。

閲覧数 (32832)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 5月  »  »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 8 »