• 2007/09/05
  • 執筆者: Yamaoka (11:52 am)

安岡正篤記念館を擁する財団法人で、理事長の私物化疑惑浮上

 安岡正篤氏(故人。左写真)といえば、わが国の陽明学者、東洋思想家であると共に、政治中枢の陰の指南役としても知られた御仁。
 1984年1月の葬儀時、委員長は岸信介元首相。財界からは江戸英雄、平岩外四、政界からは中曽根康弘首相(当時)、田中角栄、福田赳夫、鈴木善行といった歴代首相が参列したことでも大物ぶりが窺える。
 その安岡氏の遺徳を偲び且つ継承する「安岡正篤記念館」(右写真)が埼玉県比企郡嵐山町にある。
(財)郷学研修所が運営しており、理事長には安岡氏の次男(長男は死去)が就いている。
 ところが、最近、その運営を巡って数々の疑惑が浮上している。

閲覧数 (23826)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 4月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »