• 2007/09/21
  • 執筆者: Yamaoka (2:49 pm)

元検事も関与? “抜け殻”にされた仕手銘柄「中外鉱業」の重大疑惑

   精金事業主体で、近年は不動産事業への進出などもしている東証2部上場「中外鉱業」(本社・東京都千代田区)の株価が暴落している(写真の株価チャート図参照のこと)。
 これまでかろうじて額面(50円)割れを回避していたが、9月12日には30円台に一挙に下落し、現在は20円台。株価から判断すれば、“死に体”といっていい。
 だが、それも無理はない。
 暴落の前日(9月11日)、同社は業績の大幅下方修正を行った。
 大幅などというものではない。
 中外鉱業は年間売上高200億円程度(連結。以下同)、07年3月期こそ約12億円の黒字としているが、03年3月期以降4期連続赤字。そんな同社が突如、年間売上を上回る259億円もの特別損失を計上したのだ。25億9000万円でも驚きだが、その一桁上なのだ。
 この巨額の損失は、投資事業(金融会社と投資会社への貸し付け)への失敗で、同社は同事業から撤退すると共に、その不良債権をサービサーに譲渡し、清算すると表明もした。
 だが、同社のこの言い分を鵜呑みにはできない。
 中外鉱業は業績不振から、この4?5年、第3者割当増資などを連発。その度に株価が乱上下し、兜町関係者の間では有名な仕手銘柄だった。
 実はこの仕手戦に参加した者が、仕手戦だけでなく、同社の経営にも深く介入。今回の投資事業を行わせ、挙げ句、同社に大損をさせた。しかも、損失を過大に見せてさらに資金を搾り取ろうとしている疑惑まで出て来ているからだ。

閲覧数 (31082)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »