• 2007/11/15
  • 執筆者: Yamaoka (7:47 pm)

入手ーー本日の証人喚問でも焦点になったCーXエンジン選定疑惑の証拠とされる守屋前次官発言3回の「装備審査会議メモ」全文(中)

○前回(上)記事は、ここをクリック

 守屋武昌前次官の装備審査会議における1回目の発言は、「提案書受領から決定まで5カ月掛かった理由」を質している。
 時間がかかりすぎているのではないのか、というニュアンスが発言から汲み取れる。
 2問目も、これに関連する趣旨の質問であり、「提案書の確認作業にどの程度時間が掛かったのか」を尋ねている。
 前回のメモの流れを見ればわる通り、これは「作業は円滑に無駄なく進んだのか」という確認の言葉であり、いずれの問いに対しても、担当部門は「特に長かったというわけではない、膨大な作業を行った結果だ」と説明、守屋氏も他の出席者も、この件でそれ以上、質していない。
 守屋氏の最後の質問は、「決定されたメーカーにはいつ連絡するのか」というものだ。
 装備審査会議は決定機関ではなく、あくまで防衛相(当時も石破茂現防衛相が防衛庁長官だった。横写真)の諮問機関。この審査会議で決められた方針を受け、防衛庁長官が「最終決定」する。
 守屋前次官は、この大臣決定が出てからメーカーに伝えるまで、どの程度時間を掛けるのかに興味を示したのだろう。
 この3回の発言を通じて、守屋氏は「作業行程・プロセス」に関心を持っていることがわかる。そして、彼の発言のどこにも「GE」という会社名は登場しない。
(冒頭写真=「日経新聞」本日夕刊)

閲覧数 (21492)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 1月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 8 »