• 2007/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (12:10 am)

「呆れた行状の数々・・石破茂防衛相の裏素顔」

 守屋武昌前防衛事務次官が参院で証人喚問を受けた11月15日夜・・・石破茂防衛相(写真)の姿が東京・六本木の雑居ビルに吸い込まれていった。
 石破氏が目指したのは、「J」という個室焼き肉ダイニング。全室、個室で焼き肉とカラオケを同時に楽しめる。
 実はこの席には、石破氏の親しい記者が集められていた。石破氏がカラオケ大好きなのは知る人ぞ知るところ。この日も、以前から記者団が「安全保障全般についてゆっくり話をしたい」と要請をしたところ、石破氏本人の極めて強い希望で「カラオケ」になったのだった。
 記者達より少し遅れて到着した石破氏。なぜか24時間、陰のように警護するSPも、緊急対応のため、常に側に控える秘書官も姿を見せない。替わって、江渡聡徳副大臣、秋元司政務官が姿を見せ、石破氏は挨拶で「役所の人間は信用できない」旨、述べた。
 出席者が順番に歌うのがこの手の会合の通例だが、「石破カラオケ」はこの例には当たらない。石破氏はマイクを握ったら離さないタイプだからだ。
 昭和の女性アイドル好きで知られる石破氏、この夜もオタクぶりを存分に発揮。松田聖子にピンクレディー、さらには18番の振り付きキャンディーズ・メドレーまで、上機嫌に歌い続けた。
 会合がお開きになったのは深夜11時半。なんと4時間に渡って歌い続けたことになる。
 さすがにこれが応えたか、石破氏は翌日は「調子が悪い」「ノドが痛い」と周囲に漏らしていたという。

閲覧数 (92072)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 1月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 8 »