• 2008/01/04
  • 執筆者: Yamaoka (4:20 pm)

<書籍紹介>『闇社会の守護神と呼ばれてーー反転』(田中森一。幻冬舎)

 本書のことは昨年末に一度、批判的に取り上げた
 もっとも、筆者は自身の検事時代に潰れた事件につき、その裏舞台を暴露するなど、何しろ、生身の証言盛り沢山(多くの疑惑政治家の実名が出ている)だけに迫力が違うし、たいへん参考になるのは紛れもない事実だ。
 偶然かどうかはともかく、潰れた「三菱重工CB事件」も、いま防衛省の闇の一角に捜査のメスが入られようとしているだけになおさら興味深い。
 本書によれば、1986年9月、わが国最大の軍需企業=三菱重工は1000億円のCBを発行。その一部、約100億円が総会屋に利益供与され、さらにそこから中曽根康弘元総理など約20名の政治家に流れた可能性があるという。
 だが、“国策企業”故、身内からの捜査妨害でこの件は潰された。その際、転換社債と利益供与の関係につき、三菱重工側を擁護する論文を書いたのが、当時、東京地検特捜部長から最高検検事に異動していた河上和雄弁護士(現在)だという。

閲覧数 (25572)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »