• 2008/01/11
  • 執筆者: Yamaoka (4:10 am)

フジサンケイグループ3代目議長だった鹿内宏明Jに“乗っ取り”を仕掛けられた上場企業

 鹿内宏明氏(横写真右上)といえば、ニッポン放送、フジテレビ、産経新聞などを統括していたフジサンケイグループの鹿内信隆氏(同左)、春雄氏(同右下)に続き、3代目議長を務めた人物。
 もっとも、1992年7月、現在、フジテレビ会長を務める日枝久氏を中心とするクーデターにより同グループを追われたのはご存じの通り。
 その長男・隆一郎氏(35)はオックスフォード大学卒後、 メリルリンチに就職。そこでM&Aを担当していたという。
 フジサンケイグループではないものの、息子が上場企業トップに返り咲こうとする動きを見せているとは何かの因縁か(横写真=鹿内家家系図参照のこと)。
 因縁といえば、同い年の堀江貴文ライブドア社長(当時)がニッポン放送株を買い占めた際、“白馬の騎士”としてSBIの北尾吉孝CEOが名乗り出たが、その北尾氏と隆一郎氏は懇意で、北尾氏は鹿内家への“大政奉還”を裏で目論んでいたのではないか、との見方も当時、出たものだ。
  それはともかく、今回、隆一郎氏側が3分の1以上の株式を買い集め、すでに経営者側に接触。

閲覧数 (31008)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »