• 2008/04/09
  • 執筆者: Yamaoka (12:18 am)

アーティストハウスでも繰り広げられる、クオンツの主導権争いの行方

 本紙は今年1月7日3月27日と2度に渡り、ジャスダック上場のファンド運営主体「クオンツ」(本社・東京都千代田区)で、山田恭太元社長派VS白杉恵子派の主導権争いが行われていることを報じた(横写真=アーティストハウス子会社から出ている話題本)。
 そのクオンツが実質、過半数を握る(+クロニクルなど)、マザーズ上場の楽器販売など流通業中心の「アーティストハウスホールディングス」(東京都千代田区)でもこの間、両者のせめぎあいが続いていたが、昨4月7日、大きな動きがあった。
 アーティストハウスは3月末、第3者割当増資などを発表したが、これに対しクオンツは増資等差し止めの仮処分申立を行っていた。ところが、これを取り下げたからだ。
「現在、クオンツは山田派が主導権を握っている。ところが、アーティストハウスの増資などがすべて実行されると、クオンツ側の持ち株比率は10%ほどにまで下がってしまう。そのためこれを阻止すべく仮差したわけだが、しかし、アーティストはクオンツから借りている7億5000万円をこの増資などで返済するといっており利点もないではない。いまクオンツでも白杉派が社債の繰上償還を求め、資産の仮差しを行っており、その返還に回せるからだ。結果、アーティストの増資等への仮差し取り下げの条件として、同日、アーティストの2人の役員に退任してもらった。退任した五島(康雄)氏は白杉派と見られていたし、塚原(洋)氏も反山田派と見られていましたから」(関係者)

閲覧数 (32813)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »