• 2008/04/24
  • 執筆者: Yamaoka (3:29 am)

アーティストハウス、22日臨時株主総会の役員人事裏事情

 本紙は楽器販売など流通中心の「アーティストハウスホールディングス」(東京都千代田区)が4月22日、臨時株主総会を開催し、その席で仰天人事が行われる可能性があることを、前日の21日に報じた。(横写真=アーティストハウスのチャート図。異様な出来高と急騰ぶり)
 もっとも、本紙がその可能性を指摘した自民党現役代議士、警視庁OB(元警視)は取締役に就任しなかった。
 だが、本紙指摘は決して誤ったものではなかった。
 というのは、新取締役に就任した以下の2名は、明らかにジャスダック上場「クオンツ」で起きている山田恭太元社長派VS白杉恵子派の争いがアーティストに飛び火するなか、反山田派だったからだ。
 そもそも、この総会、山田派が開催を要求、実質、握っていた過半数の株式を背景に、山田派役員を選任しようとしてのことだった。
 それが逆の結果になったのは、本紙指摘通り、この4月15日に振り込まれたばかりの第3者割当増資や一部転換社債が早速株式交換され、その分がこの22日に株主権を行使できることとし、山田派の株式所有割合が一挙に低下し、逆に白杉派が7割以上握ることになったからだ。
 こんなことができたのは、商法改正になり、取締役会で了解を取れば、直近に取得した株に関しても株主権が行使できるようになったからだ。
 もっとも、本来、このような重要な事実(変化)は、IR情報にて株主に伝えなければならないはずだが、アーティストは広報しなかった。

閲覧数 (34751)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 8 »