• 2008/06/01
  • 執筆者: Yamaoka (6:30 pm)

<お知らせ>対セブンーイレブン訴訟で、最高裁が異例の上告受理。明日6月2日口頭弁論

「セブンーイレブン・ジャパン」に限ったことではないが、コンビニのFC契約において、加盟店は、オーナーであるにも拘わらず、その経営に関するすべての記帳業務・出納管理はコンビニ側が代行している。
 そのため、毎日の店の売上金全額を、ほぼ毎日、本部の口座に送金し、その預け金から、本部は各商品仕入先へ支払いを代行。その際、いつ、どこへ、いくら支払われたかは記帳されておらず、支払いを証明する送金記録もないため、仕入れ先などと結託すれば、加盟店の支払代金の一部をピンハネ(横領)することが可能なのだ。
 そのため、不審を抱いた加盟店オーナーがそれら経理関係資料の引き渡しを求めた『請求書等引渡請求事件』を提起したものの、1、2審とも加盟店オーナー(原告)側が敗訴していた。
 ところが、最高裁は今年3月28日、異例なことに、オーナー側の上告を受理。明日6月2日、口頭弁論が行われる。

○午前10月30分から(最高裁第2小法廷)*傍聴される方は開廷約40分前には集合とのこと。

 この席では、コンビニ商法に関して大手マスコミなどが軒並み、流通上の問題などから沈黙する中、唯一、オーナー側の立場から発言している日本大学の北野弘久名誉教授(法学博士。上写真人物)が、さらにオーナー側の弁護士、そして上告人の一人が意見を述べるそうだ。
 その間、約40分程度になるだろうとのこと。

閲覧数 (22067)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ