• 2008/06/09
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 pm)

<連載コラム>心声天語(23) 「雨ニモマケズ風ニモマケズ…」

「雨ニモマケズ風ニモマケズ…」、日本の近代詩の中でこれほど親しまれた詩もない。この詩は、宮沢賢治が亡くなった後に発表された。一九三三年九月二十一日、賢治が三十七歳で死去した時、遺族が遺品を調べていたときに出てきた手帳に「雨ニモマケズ…」の詩が記されてあった◆賢治は、東京での生活を送った後、故郷の岩手県に帰って農学校の教師となった。翌大正十一年十一月、妹のトシが亡くなった頃から本格的に著作をはじめた。大正十五年には、農学校を辞めて「羅須(らす)地人協会」を設立、農民に対する稲作指導や肥料の相談、情操教育をめざした◆冷害に弱い東北の農民を貧困から救うのは、容易ではなかった。賢治の実弟である宮沢清六によれば、賢治は、毎年八月になると空模様ばかり気にして『困ったなあ。日が出ないかなあ。暑くならないかなあ』、と言っていたそうである。八月は稲の花が咲く時期、この時期に寒かったり、雨が続くと凶作になるからである◆貧困から農民たちを救うことが出来なかった賢治は、挫折感を味わい、一九二八年に過労や粗食により助膜炎などを起こして倒れ、自宅で療養中に書いた詩が「雨ニモマケズ…」であった。日本人の多くは、わずか半世紀前までも「貧困」に喘いでいたのである◆日本は今や、世界有数の経済大国となった。中高生の半分以上が携帯電話を所有し、金さえあれば何でも手に入れることができる。そればかりか、ブランド品に海外旅行と、贅沢を競い合っている。日本の社会が贅沢さに麻痺しているのは、その実、潜在意識に刻まれている貧困を消し去ってしまいたいとの、反動が生じさせた現象かも?しれない。(和光)
閲覧数 (19398)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »