• 2008/07/07
  • 執筆者: Yamaoka (2:43 pm)

<心声天語>(31)米国の「古き良き時代」

20世紀は「アメリカの世紀」といわれた。ところが、最近のアメリカには「大国」の威光・貫禄・余裕が感じられなくなった。自動車における王者の座もトヨタに奪われてしまった。世界で「反米」ののろしが上がっている◆第二次世界大戦後、米国とソ連は熾烈な宇宙競争を展開した。当初、技術力においてはソ連の方がアメリカを凌駕していた。ソ連は、一九五七年一〇月、人工衛星「スプートニク一号」を打ち上げ、一九六一年四月には、「ポストーク一号」が一時間四八分で地球を一周し、帰還した。この時の言葉が『地球は青かった』である◆ソ連による人類初の有人宇宙飛行に衝撃を受けた米国は、ガーリン少佐の宇宙飛行から一ヶ月後の六一年五月、当時の米大統領であったジョン・F・ケネディーが無謀ともいえる宣言を行った。『米国は、一九六〇年代の終わりまでに人類を月に着陸させ、そして帰還させる』。アポロ計画の始まりである◆アポロ計画は、科学技術の総力を結集したものであった。予算約九兆円、NASの関係者三万二千人、民間企業から三十九万人が参加する大プロジェクトであった。一九六九年七月、アポロ11号の月着陸船「イーグル号」が月面に降り立ち、アメリカは自ら「人類にとって偉大な一歩」を月面に刻んだ◆日本の企業がこぞって「アメリカに追いつき追い越せ」と励んでいた時代があった。あの頃のアメリカには、リーダーとしての信頼感が漲(みなぎ)っていた。アメリカらしき輝きを放っていた「アメリカの古き良き時代」…わずか三十数年前のことである。(和光)
閲覧数 (20456)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »