• 2008/07/10
  • 執筆者: Yamaoka (9:39 pm)

<心声天語>(32)喜びと苦しみ

昔ある国に、国一番の富豪がいた。恵まれた家系で生まれ育った富豪は、日々の代わり映えしない生活に飽き、何をしても楽しいとは思わなかった。そればかりか、本当の喜びがどんなものであるかさえ、知らなかった。そこで富豪は、「私を喜ばせた者には、一生食べていけるだけの財産を与える」と、国中に知らせた◆国中の人たちは、富者の喜びそうなものを探しはじめた。絶世の美女を連れてくる者、珍味・珍獣を持ってくる者…あらゆるものが披露された。しかし、幼い時から贅沢三昧の生活をしてきた富豪にとっては、そのどれもが過去に体験した「当たり前」でしかなかった◆富豪の召使いにひとりの知恵者がいた。召使いは、富豪が可愛がっていた愛犬を実家に隠し、「大変なことになりましたご主人様、愛犬がいなくなりました」と報告した。召使いの報告にショックを受けた富豪は、悲しみにくれ、寝込んでしまった◆二週間が過ぎた。しかし愛犬は見つからない。そんな昼下がり、召使いが飛んできて、「ご主人様、愛犬が見つかりました」と言って愛犬を差し出した。富豪は、泣きながら愛犬を抱きしめ、「生涯でこんな嬉しいことは初めてだ!」と叫び、愛犬が戻ってきた喜びを分かち合おうと蔵を開放し、大量の食料を国中の人に配ったという◆富豪の喜びは、愛犬がいなくなったことでもたらされたものだ。同じように、失ったものが戻ってきた時の喜びは、「失う」という体験を経なければ芽生えてこないものだ。人生という舞台では、喜びと苦しみは表裏一体で映し出される…幸せや感謝の度合いも、辛さや苦しみに比例しているのである。(和光)
※このコラムは前身の『ストレイ・ドック』で一度、掲載されたものが、好評につき、一部手直しし、再度、掲載しました
閲覧数 (20413)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »