• 2008/07/14
  • 執筆者: Yamaoka (8:35 pm)

「昭和ゴム」、浮上した空増資疑惑にどこまで迫れるか!?

 7月11日、大揺れの東証2部、ゴム関連老舗メーカー「昭和ゴム」(本社・千葉県柏市)は、昨年4月、「プロファイルキャリア」に対して発行した新株予約権の未行使分をすべて買取、消却すると発表した
 この新株予約権、すべて行使されれば35億5000万円分にもなったが、実際に行使されたのは約5億円分に過ぎなかった。その後、自動車販売事業の疑惑が持ち上がり、株価が142円を下回ったからだ。
 それはともかく、そもそも6月12日時点で、昭和ゴムは消却する予定であると表明していた。だが、その後、新たに第3者割当増資に応じたAPF傘下企業との間で、この未行使分をAPF側に譲渡する“裏契約”を結んでいたことが発覚。APF側にすれば、この分を行使することで一挙に昭和ゴム株の過半数を握り、経営権を完全に掌握したかったのだろうが、本紙がいち早く報じたように、この裏契約が入った両者間の「基本合意契約書」(冒頭写真)の存在が明らかとなり、さすがにAPF側主導の昭和ゴム役員も強行できなくなったのだろう。
 もっとも、この消却のお知らせを見ると、消却の理由として、新株予約権行使により生じた350万株(約5億円分)を新株予約権者(プロファイル)が所有していないことが判明し、それは譲渡禁止の特約に違反する点を上げている(横写真)。
 なぜ、株券を所有していないのか。
 それが空増資の疑惑をまさに呼んでいるわけだ。

閲覧数 (31817)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »