• 2008/07/31
  • 執筆者: Yamaoka (12:43 pm)

<心声天語>(38)根拠のない噂

映画にもなった「タイタニック号」は、当時、世界最大の客船であった。先端技術で建造されたタイタニック号は、超一流ホテル並みの施設を備え、浮かぶ宮殿ともいわれた。一九一二年、乗員・乗客二千三百三十四人を乗せたタイタニック号は、ニューヨークに向け出航した◆タイタニック号の悲劇は、四日後に起きた。右舷が突然、氷山に衝突、船体に亀裂が生じた。船長はただちにSOSを発し、救命ボートを降ろした。ところが、救命ボートの数は乗客の半分しかない。女性と子どもが優先された◆救助された乗客は、七百十一人であった。その中に「細野正文」という日本人男性がいた。事故直後に出版された英国人生還者の手記に、「嫌な日本人の男性が無理やり救命ボートに乗ってきた」と書かれてあったため『日本人は卑怯』という説が一人歩きした◆細野正文氏は、自分のために日本人のイメージが損なわれたことを亡くなる間際まで苦しんだ。しかし、真相は違った。彼の遺品の中から見つかった手記には、「日本人の恥になるまじき」とあり、「船と運命を共にしようと覚悟を決めた時、英国人の乗員から『後二人乗れる』と声がかかったので、ボートに飛び乗った」と記されてあった◆最近になってタイタニック号の遺品を管理している米国の「RMS財団」は、細野の手記を詳しく分析したところ、細野正文氏の乗ったボートと英国人手記に記されたボートは違っていたと確認、細野氏の汚名は返上された。しかし、そのことを細野氏は知らない。人間、根拠のない噂で射られるほど、悔しく、辛いことはない。(和光)
閲覧数 (23209)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »