• 2008/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (9:24 pm)

普天間基地移設先ーー本紙既報の名護市幹部も関わる投資詐欺疑惑、ついに事件化

 沖縄県名護市といえば、わが国政府が沖縄県米軍普天間基地の移設先(同市辺野古地区)ということで、この10年間に「北部振興開発費」名目で総額約2000億円のうち実に800億円以上の補助金を注ぎ込んで来た“沖縄利権の中心地”。守屋武昌元防衛事務次官汚職事件の発火点でもある。
 福田改造内閣で防衛相に就任するや、早速、先週に林芳正参議院議員(横右写真)が訪沖し、仲井眞弘多知事と島袋吉和名護市長(横左写真)と会ったのは、地元側が利権の分け前を巡って国の方針に反対、移設計画が遅れているためだ。
 さて、その名護市幹部も関与が指摘されていることから、本紙が2度に渡って報じていた投資詐欺疑惑がついに事件化した。
 沖縄県警はこの7月末、企業組合「沖縄ユーカリファーム」(名護市)の元代表理事だった島袋江利子、その夫・健治ら計9名を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕。そして同夫婦と「コアラの會」元代表の計3名は8月20日、那覇地検に起訴された(残りの6名は起訴猶予に)。
 コアラの會は、コアラのえさとなる貴重なユーカリ葉を本土の動物園に納入するなどとして高配当を謳い、沖縄県民約200名から20億円ともいわれる出資金を集めていた。
 それだけ見れば、近年、同じく事件化した近未来通信円天、ワールドオーシャンファームなどの沖縄版ということになるが、この事件が特異なのは、一体の関係にあった前出・沖縄ユーカリファームには国から計1億3800万円の補助金が出ており、その実績を最大限利用して信頼させたからこそ、被害が拡大した点。そして、この補助金を得るにあたって島袋名護市長ら同市幹部、さらに代議士の関与などの疑惑まで出ている。

閲覧数 (27171)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
« 1 2 (3) 4 5 6 ... 8 »