• 2008/08/29
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

「クオンツ」、本日返済分は何とかクリアに。一転、「オープンループ」に吹き出した空増資疑惑

 本日(8月29日)はジャスダック上場のファンド運営会社「クオンツ」(東京都千代田区)が、同社の総額45億円のSMCBを引き受けた「ニッポン エクイティ パートナーズ」とその後、対立し、和解によりすべて消却することになり、その一部8億円の返済期日だった。
 本紙は、クオンツが返済不能になる懸念があると2度に渡り報じたが、関係者によれば、何とか今回の支払いはクリアしたという。
 ただし、本紙指摘のように、当初、今回の返済に当てる予定だったマザーズ上場「アーティストハウスホールディングス」からの7億5000万円の返済は1カ月延期されたし、クオンツが(子会社と併せ)所有している約34%のへラクレス上場「オープンループ」(札幌市)株式の処分もなされなかった。
「山田(恭太クオンツ代表取締役)会長が旧知の金主に、オープンループ株を担保に入れるなどして、何とかこの一両日の間にギリギリでかき集めたそうです」(関係者)
 こうしたなか、オープンループは前日の8月28日、第3者割当増資を発表した。
 5億円近くで、実施されれば、クオンツ側の比率は約34%から約22%に低下する。
 以前からオープンループの駒井滋創業者兼社長(冒頭写真)と、クオンツの山田会長は激しく対立しており、今回もTOB説が囁かれるなか、山田会長側の比率を重要事項の特別決議の阻止(拒否権発動)ができる3分の1以下に下げることが目的であることは容易に想像される。これに対し、クオンツ側が差止仮処分の申立を行うのは必至と見られる。
 そして、こうした攻防のなかで浮上したのが、オープンループのこの第3者割当増資に関する空(架空)増資疑惑なのだ。

閲覧数 (33301)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »