• 2008/09/08
  • 執筆者: Yamaoka (4:07 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(175)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑

 ジャスダック上場の「第一興商」(東京都品川区)といえば、業務上通信カラオケ「DAM」(横写真)で業界首位を走る優良企業。
 同時に、業界内では創業者の保志一族のワンマン経営でも知られる。創業者の保志忠彦氏(70)はすでに名誉会長に退いているが、毎日会長室に出勤し、いまも実質、経営を指揮しているという。同社に務める2人の息子は36歳と32歳とまだ若いが、すでに長男の方は取締役の地位にあり、忠彦氏は近い将来、この息子に社長を継がせる気だという。
 その動きの一環だろう、07年5月16日付で、忠彦氏はこの2人の息子に自身の所有株(14・26%)のほとんどを生前贈与している。その結果、長男・忠郊氏の保有率は11・2%で筆頭株主に、次男・治紀氏も10・95%で第2位株主になった。

閲覧数 (21475)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 6月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »