• 2008/09/29
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

<心声天語>(55)「何事も怒ったら負けである」

「怒り」は人間の理性を狂わす元凶である。アメリカの元マイアミ・ドルフィンズ所属のプロフットボール選手ノーム・エヴァンスは、「プロフットボール選手にとって最も危険なこと、それは腹を立てることだ」と語っていた◆フットボールの試合中に怪我をする選手のほとんどは、相手選手の誰かに対して怒っている時だという。なぜなら、腹のたつ相手に気をとられてクォーター・バック(ボールの動きを判断する重要なポジション)から目を離してしまうからである◆一九七〇年代の終わり、米サンディエゴ・チャージャーズで活躍したマイク・フラー選手も同じようなことを言っている。「智恵のある選手は、いつも相手を怒らせようとする。なぜなら、相手選手が怒りの感情をもってプレーしている時は簡単にトリック・プレーにかかるから」と語っていた◆柔道の世界チャンピオンであったボブ・ハッチンス選手は、「私は並の柔道選手でしたが、相手選手を怒らせる方法を身につけてからというもの、私よりも強いと思っていた相手にも勝てるようになりました。そして最後は、チャンピオンにまでなれたのです」と述べている◆人間、怒っている時は正常な思考回路が作動せずして、間違った判断を下してしまう。また憎しみの感情にとらわれてしまった場合は、闘争的な感情が生じて相手を傷つける言動を放る。今の世の中、腹の立つことは一つや二つではない。しかし、絶対に怒ってはいけない。スポーツ選手だけではない。人間、何事も先に怒ってしまう方が“負け”なのである。(和光)
閲覧数 (21887)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 3月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
« 1 ... 5 6 7 (8)