• 2008/10/20
  • 執筆者: Yamaoka (3:20 am)

<ミニ情報>韓国クラブ、摘発の翌日にもう営業再開(追加情報)

 本紙は10月17日、与野党を問わず代議士や著名なスポーツ選手などが多数出入りする東京・赤坂の老舗韓国クラブのホステスが、入管法違反だけでなく、薬物所持容疑でも複数逮捕されたことを報じた
 こうした場合、例え店の営業が可能でも、かなりの期間、自粛して店を閉めるのが常識と思うのだが、何とこのクラブ「P」(写真=入居ビル)の場合、翌17日は稼ぎ時の金曜日ということもあってか、平常どおり、何食わぬ顔で営業していたことがわかった。
 今回の摘発、入管と合同とはいえ、警視庁が主導していた。警察もずいぶん、舐められたものだ。

閲覧数 (22916)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »