• 2008/11/27
  • 執筆者: Yamaoka (8:30 am)

<心声天語> (70)「秀吉を見抜いた信長」

信長に抜擢された「秀吉」は、もてる才能をフルに発揮して太閤にまで上りつめる。秀吉がまだ「羽柴」の姓を名乗っていた頃である。寒さ厳しい冬のある日、秀吉の家に招かれた信長は、部下に命じて厠(トイレ)の桶の水を温かい湯に取り替え続けた秀吉の配慮に、秀吉の人間性を見抜いたという◆信長と秀吉の話には、この他にもいろいろある。雪の降る日、秀吉は、信長の履物を懐で温めた話も有名だ。戦国時代、部下の家に招待された大将が厠に行くことは、稀なことである。しかし秀吉は、厠に行かない常識にも備えるべく、万が一のために「桶の水」を温かい湯に取り替え続けた。さすがに、天下をとった人物である◆人間を見抜くほど難しいことはない。それも、相手の本心を見抜くのは、至難の技だ。これも、人間は内面と異なる表情ができるからだ。とくに、何かの打算や欲が絡む場合、上辺を巧みに取り繕っては「私ほどの善人はいません」「私ほどの能力をもつ人間は少ない」と、見事な術で取り繕う◆子どもや純真な人は、相手の表情や態度で判断する。しかし、中には、人間の心理さえも見越して演出を繰り出す人も少なくない。後に、こうした人が本性をあらわすと、「まさかあいつが!」となる◆犬は嬉しいと尻尾を振り、猫は怒ると毛を逆立てる。実にわかりやすい。ところが、人間は、腹がたっても笑顔を振りまき、嬉しいのに苦虫を噛み潰した表情ができる。やっかいな生物だ。しかし、秀吉を見抜いた信長ではないが、相手のちょっとした仕草、振る舞いに映し出された人間性を見抜いてこそ、大将になれるのである。(和光)
閲覧数 (23034)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ