• 2009/01/29
  • 執筆者: Yamaoka (12:40 pm)

またぞろ活動を始めた、“防衛フィクサー”秋山直紀被告が未だ専務理事に居座る「日米平和・文化交流協会」

 昨年7月、防衛関連企業から受け取ったコンサルタント料など3億円以上を隠していた脱税容疑などで逮捕・起訴され、年末に保釈になった秋山直紀被告(59。冒頭左写真)が未だに常勤専務理事を務め、その防衛利権の要である(社) 「日米平和・文化交流協会」(東京都千代田区)が、またぞろ活動を始めた。
 1月30日に今年度第1回目の総会を開くとの案内状を入手したので、冒頭に掲げた(右写真。「平成20年度」表記は21年度の誤りでは)。
 それにしても、驚かされるのは、守屋武昌前防衛事務次官の収賄事件を契機に、飛び火した秋山被告のこの事件、一時は防衛利権に絡む政界にもメスが入れられるとの見方も出、就いていた複数の政治家が同協会の理事を辞任、企業も次々会員を辞退したとも報じられたが、有罪を秋山被告自身すでに認めているとも言われるなか、それでも彼は利権のための命綱だから常勤専務理事を辞任しないにも拘わらず、同じく未だ理事を辞めていない政治家も複数いたのだ。
 事件前から会長を務める、瓦力元防衛庁長官(=上左写真。冒頭「案内文」黄色マーカー部分に注目)、もっとも癒着度が深いと見られる久間章生元防衛相(上右写真)はいまさら驚きもしないが、他は誰かというと……。
 しかも、防衛関連企業に関しては、少なくとも同団体の理事にたくさんの企業人が就いているが、事件表面化以降、辞めた者はただの一人もいなかったのだ。

閲覧数 (26225)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »