• 2009/02/23
  • 執筆者: Yamaoka (4:20 am)

<主張>SFCGが民事再生申請。徹底した責任追及を

本紙予測通り、東証1部上場の大手商工ローン「SFCG」(東京都中央区)は本日午前、民事再生を申請した。負債総額は約3380億円。
 これを聞いて、優先で進めてもらいたいと思ったのは、大島健伸取締役会長(冒頭左写真)の法的、社会的責任追及だ。
 民事再生ということは、大島氏を始めとするSFCG経営陣主導でも借金の大半カット、支払い先延ばしでも再建可能ということ。実際、大島氏の狙いはそこにあるのだろう。
 民事再生のわずか数日前に代表権を返上、自宅(冒頭右写真)へのファミリー企業による100億円の巨額抵当権設定不良債権飛ばし疑惑(粉飾決算疑惑)、日本振興銀行への巨額の債権譲渡、そして何よりSFCGを始めとするグループ企業による債権の二重譲渡、譲渡額を大目にした捏造疑惑、そして常軌を逸した取立等々……。
 SFCGは旧商工ローン時代の99年12月、その取立に問題ありとして国会喚問まで受けたが、最近の状況は当時よりさらにデタラメだったと思われる。

閲覧数 (29036)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 1月  »  »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
(1) 2 3 4 ... 8 »