• 2005/02/05
  • 執筆者: Yamaoka (3:00 pm)

「ジャーナリズムの条件」(岩波書店)、本紙・山岡も執筆


●2月4日、第1冊目が発売に

 岩波書店が、初めて「ジャーナリズムの条件」なる報道の在り方を考える書籍を出す。
 ?「ジャーナリストとは何か」、?「報道の在り方」、?「メディアの権力性」、?「将来のジャーナリズムの可能性」の4冊構成になっている(各約250頁。2500円)。
 各冊毎に20名の報道に携わる者が執筆。各冊毎の編集責任者は、?が筑紫哲也、?が徳山喜雄(朝日新聞記者)、?佐野眞一、?野中章弘(アジアプレス代表)の各氏。
 昨日(2月4日)、?が発売となっており、以降、1カ月毎に発売される。
 本紙・山岡は?の一部を担当。武富士盗聴事件における実体験を通して、フリージャーナリストとしての在り方について意見を述べている。
 したがって、山岡の執筆した?の発売は4月4日が予定されている。
閲覧数 (15375)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »