• 2009/03/10
  • 執筆者: Yamaoka (8:40 am)

シティバンク銀行の手形債権を「SFCG」大島健伸会長ファミリー企業が騙取か!?

 大手商工ローン「SFCG」(東京都中央区)と、世界的な金融コングマリッド「シティグループ」の日本における銀行=シティバンク銀行といえば、かつては大のお得意様同士だった。
 民事再生申請後の債権者一覧表(冒頭写真)を見ても、シティバンク銀行は約546億円の債権を有しており、最大の債権者だ。
 そういう蜜月関係から、SFCGは経営が傾くとシティーバンク銀行側に、日本振興銀行同様、かなりの貸出債権の一括譲渡を行い、手っ取り早く現金化し、運転資金に充てていた模様だ。
 だが、いよいよ資金繰りが厳しくなった昨年後半に入ってからは、SFCG関係者によれば、そのなかにも債権を二重譲渡したものが交じっているとのことだった。
 シティバンク銀行に限らず、ともかく現金化すべく、債権額を改ざんして多くするなど、さまざまな手口の疑惑が出ているのは、すでに本紙でも既報の通りだ。
 こうしたなか、本紙はある手形コピーを入手した(以下に裏書欄転載)
 簡単にいえば、シティバンク銀行が、譲渡されたある手形割引専門業者が割り引いていた手形の換金をそもそもはSFCGに依頼したものと思われる。ところが、これ幸いに、SFCGの経営破たんを見越した大島氏は、善意の第3者を装ったファミリー企業にさらに譲渡、換金し、個人資産作りを行った疑惑を物語るものなのだ。
(上写真=大島ファミリー企業の拠点である東京都台東区のビル。解説は以下に)

閲覧数 (26164)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 9月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
(1) 2 3 4 ... 8 »