• 2009/04/02
  • 執筆者: Yamaoka (10:20 am)

<心声天語>(105)経営の神様

世界の空港に降り立つと、日本企業の看板がやたらと目に飛び込んでくる。ソニー、ホンダ、パナソニック……ビール会社もある。世界を舞台に活躍する多くの日本企業は戦後の焼け野原から出発、創業者たちの信念と情熱をして、数え切れないほどの試練を乗り越えてきた企業たちだ。その試練たるや「不況」などとは比べられない…それこそ“試練”であった◆日本を代表する創業者のひとりである「松下幸之助」は、三男五女の末っ子として和歌山で生まれた。父が米相場に手を出し失敗、九歳で大阪・船場に丁稚奉公に出され、ここで礼儀や商いを習った。ある日、使いに出た折りに路面電車を見た丁稚の松下は、『これからは電気の時代や』と直感、奉公先を辞め大阪電灯(現関西電力)に見習工として入社した◆家電製品に代表される消費社会をもたらした高度成長期、これに照準を合わせ松下電器は、国際企業へと飛躍していった。昭和四〇年、松下電器を訪問したソ連の副首相に、松下幸之助は、『私は炊飯器などの家電器具を作って世界の婦人たちを台所から解放したいのです』と語った◆松下幸之助という創業者は、今なお、多くの経営者たちから「経営の神様」と慕われている。最近では、不況で悲鳴をあげている経営者たちが「経営の神様」の知恵を借りんとして、神様の書籍を読み漁っているそうだ◆日本には、「経営の神様」だけでなく、台湾からやってきた「金儲けの神様」、大阪の戎神社に祀られている「商売繁盛の神様」など、“神様”たちがいっぱいいる。だが、昨年から始まった世界同時発の不況は、“神様”たちが束になっても解決できないようだ。(和光)
閲覧数 (28698)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2020 2月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
(1) 2 3 4 ... 8 »