• 2009/04/06
  • 執筆者: Yamaoka (11:30 am)

<お知らせ>PARC特別講座「社会にモノ言うはじめの一歩?活動家一丁あがり」受講生を募集中

 4月6日、特定非営利活動法人「アジア太平洋資料センター」(通称PARC/パルク。東京都千代田区)は、本部事務所で、特別講座「社会にモノ言うはじめの一歩?活動家一丁あがり」(PDFファイル)を紹介する記者会見を行った。
 会見を開いたのは「一丁あがり実行委員会」。年末年始の「派遣村」で有名な湯浅誠氏(NPO法人自立生活サポートセンター「もやい」事務局長)をはじめ、首都圏青年ユニオンなど労働運動、社会運動の“活動家”がならんだ。
 この講座がユニークなのは、今年5月から来年3月まで約1年間かけて、活動家になるために必要な具体的なノウハウ(ビラのつくり方、ネットの活用法など)を学ぶほか、受講生が訴えたいこと、やりたい活動を自分で見い出すことを重視している点だ。
 すでに受講を決めている男性(23歳、フリーター)は、「ぼくは怒りの表し方がわからない若者の一人。首切りにあった友人が『今の時代に生まれて不幸だ』と嘆いていたが、こんな時代だからこそ自分で何かできないか模索したい」と発言。もうひとりスロバキアからの留学生は「自分でも何か表現したいが、ノウハウがない」と考え、受講することにしたという。

閲覧数 (28383)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »