• 2009/04/19
  • 執筆者: Yamaoka (9:30 am)

対「週刊新潮」では、名誉棄損が認められたAPF広告塔・為末大選手だが……

 去る4月15日、「週刊新潮」の記事や広告で名誉を傷つけられたとして、陸上400M障害の銅メダリスト・為末大選手(30)が、新潮社などに損害賠償請求していた訴訟の判決があった。
 為末選手は、投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」(本社=タイ・バンコク)の所属。また、APFは為末選手を広告塔として最大限使っている(下に掲げたのは、APFのHPより。目立つ所にこのページがある)し、為末選手自身、APFのヨイショ本を出したこともある。
 そのAPF、ゴム関連老舗メーカーの東証2部「昭和ゴム」だけでなく、アニメ制作のヘラクレス上場「ウェッジホールディングス」(東京都千代田区。為末選手は同社社外取締役でもある)、さらに今年に入っては「新東京シティ証券」も傘下に治めており、これだけ見れば事業は順風満帆のように見える。
 ところが、大阪の会社が3億円余り出資したがまともに投資活動をしておらず、返金にも応じないとしてAPFの此下益司代表だけでなく、為末選手も刑事告訴(詐欺罪)すると訴えていた事実を「週刊新潮」が聞きつけ、08年4月10日号で、冒頭のような記事を掲載した。
 判決は、新潮社側に220万円の支払いを命じており、これだけ見れば為末選手の主張が認められたように思える。

閲覧数 (26714)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »