• 2009/05/28
  • 執筆者: Yamaoka (8:20 am)

<心声天語>(119)歌は世につれ世は歌につれ

「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉がある。その時代を彩った歌はいつまでも心に焼き付けられ、時代を振り返る標しとなっている。小学二年生の時と言われてもすぐに思い出せないが、“あの歌が流行った時期”と言われたら、当時の情景が浮かんでくる◆時代とともにいろんな歌が流行った。戦後の「りんごの唄」、経済成長期には植木等の「スーダラ節」、誰もが“日本の未来”を信じていた時代、子どもから大人までが「上を向いて歩こう」「いつでも夢を」を歌っていた◆TV時代の幕開けに育った私は、歌謡曲よりも「CMソング」の方が深く焼きついている。CMソングは、歌謡曲やポピュラー音楽よりも芸術的だ。なにせ、数十秒の間に視聴者の感性を響かせなければならないからである◆これまでに数多くのCMソングがつくられた。カレーがご馳走であった時代、カレーを作ってくれる嬉しさに、「♪リンゴと蜂蜜?ハウス・バーモンド・カレー」と歌いながらはしゃいだっけ。その他にも、「♪レナウン娘がわんさか…」の軽やかなリズム、今でも放映されている「♪チョコレート チョコレートは明治」、このメロディーは名曲である。歌が時代を映す鏡なら、CMソングは、文明を奏でる楽器であろう◆最近は、テレビも観なくなった。たまに観ても“バカ芸人”たちのおふざけにうんざりする。また、歳のせいか、最近の歌にはついていけそうもない。とくに、歌詞の一部が“英語”になっている歌は、苦手だ。どこの国の歌かわからない。これは、アメリカという国から強い影響を受けたところの、「欧米文化+憧れ+かっこいい」という日本特有の文化なのだろう。(和光)
閲覧数 (29138)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 6月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
(1) 2 3 4 ... 8 »