• 2009/06/02
  • 執筆者: Yamaoka (12:20 pm)

<記事紹介>「続発する『口封じ』裁判の『訴え得』」(『週刊朝日』09年6月12日号。本紙・山岡もコメント)

 近年、名誉毀損訴訟において、マスコミ側に多額の支払いを命じる判決が相次いでいる。
 なかでも、記者クラブに属する大手マスコミが権力側と“癒着”して記事化を控えるケースが珍しくないなか、週刊誌を始めとする出版社系の雑誌媒体がわずかに権力批判を行っているが、こうした記事に対する高額訴訟が目立つ。しかも、「SLAPP訴訟」(=嫌がらせ恫喝を目的としたもの)が少なくない。
 こうした状況に危機感を持って、日本雑誌協会が意見広告(以下に転載)を出したり、雑誌編集長など有志が会合を持つなか、『週刊朝日』は「知る権利」の連載を続けており、その第3弾が本日発売(毎週火曜日)のこの記事だ。本紙・山岡もコメントしているので、その部分を冒頭に掲げておく。
 この記事にもあるように、本紙・山岡など22回も訴えられているが、完全な負けは1回(しかも対武富士のものだから、その後、実質、勝訴している)のみで、その事実こそがSLAPP訴訟であることを証明している。

閲覧数 (98186)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »