• 2009/06/07
  • 執筆者: Yamaoka (1:40 pm)

東京地裁、松濤の豪邸引渡命令――「SFCG」大島健伸元会長の言い分

 東京地裁は6月3日までに、経営破綻した大手商工ローン「SFCG」(東京都中央区。破産手続き中)の大島健伸元会長の実質上の東京・松濤の自宅豪邸を、破産管財人に引き渡すように命じる決定を出している(冒頭写真=その事実を報じる「毎日」6月6日記事。記事中写真の左端黄色マーカーの建物が修行場)。
 この自宅、所有者は大島氏の息子が代表を務める不動産管理会社「ブルーバード」(東京都渋谷区の自宅と同)、隣の修行場は同「ケン・エステート」(08年11月、ブルーバードに合併)の所有で、SFCGや大島元会長の所有ではない。
 しかし、本紙でも既報のように、SFCGの経営破綻が決定的だった昨年9月以降、大島氏は関連会社などに「無償」でSFCGの債権を譲渡するなどし、少なくとも大島氏には約717億円の損倍賠償責任があると地裁は決定している。また、大島氏も第3者破産を申し立てられ、これも決定。そして、大島氏の親族会社など計7社に対し、約600億円を破産管財人側に戻すように認める決定も出ている。ブルーバードはこの7社に含まれることから、引渡命令が出たわけだ。
 だが、大島氏はこの東京地裁の決定はとんでもない間違いだとしている。
 本紙がいち早く報じた、この自宅へのIOMAグループ会社「IRE」(東京都台東区)の100億円、文京区の別宅への同「IBI」(同)の63億円の各巨額抵当権設定(根抵当仮登記。設定時期は前者は昨年11月、後者は今年1月)に関しても、「資産隠し」とはまったく関係ないという。
 そこで以下、その言い分を紹介する。

閲覧数 (30380)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »