• 2009/09/06
  • 執筆者: Yamaoka (2:40 pm)

「ニセ100$札」、2000%に拡大しても時計台針の差、確認できず

 本紙既報のように、本物とまったくというほど区別がつかない最新の「ニセ100$札」ーー唯一の差は、裏面に印刷されている時計台の分針の角度がごくわずか違う点、それにニセ札対策として入れている金色の繊維本数が違うことだといわれる。
 そうしたところ、その最新のニセ100$札と本物とを比較できる機会を得たので、実際にどの程度識別できるのか試してみた。
 結論をいえば、その指摘の時計台部分を、実寸より20倍(2000%)も拡大し、その両者の映像を重ね合わせて見たが、それでもわからなかった(冒頭写真)。
 この唯一の弱点も、実際、専門家の鑑定によらなければ判別不可能で、まして両替などの現場ではまったくこの差は意味を成さないようだ。
 なお、最新の、このニセ100$札の両替現場の実態を以下に述べておく。

閲覧数 (26491)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »