• 2009/11/03
  • 執筆者: Yamaoka (12:10 pm)

書籍『福田君を殺して何になる』を巡ってーー仮処分に加え、本訴もした光市母子殺害元少年側

 本紙でも3度報じている、山口県光市母子殺害事件の被告の元少年(28。死刑判決を受け上告中)の実名などを記した単行本『福田君を殺して何になる』(冒頭左写真)の出版につき、元少年側は、「事前に原稿チェック」の約束を破り、実名公表などしたとして出版禁止の仮処分申立を行っているが、並行して10月15日、著者の増田美智子氏と、「インシデンツ」名義の書籍コードで同書を出版した寺澤有氏に対し、出版の一時差し止め、1100万円の損倍賠償などを求め提訴したことがわかった(仮処分同様、提訴先は広島地裁)。(同右写真=「日経」11月3日記事)
 これを契機に、仮処分の方の行方と、大手マスコミでは取材できていない寺澤氏に電話取材できたので、同氏の見解などについてお伝えする。
 まずは仮処分の方だが、寺澤氏によれば、審尋は元少年側、そして元少年・出版側双方の2回行われているという。(横写真=「訴状」表紙)
 もっとも、それ以降は裁判所は書面提出だけでいいということで、したがって、3回目の審尋日は決まっていないという。
「裁判所は、これ以上はもう書面で十分だと思っているわけで、今週には決定が出るのではないでしょうか。
 並行して福田君側が本訴をして来たのは、仮処分は認められない公算大と見たからでしょう」(前出・寺澤氏)
 それにしても、なぜ、手澤氏はこれほど強気なのだろうか。
 本紙でも前回、仮処分について触れ、その時点では、もっとも重要と思われる福田君の陳述書は出ていないと報じた。
 だが、その後、福田君の「陳述書」が出され(1度目はワープロ打ちで、出版側の弁護士が勝手に作文し、福田君にサインだけさせた可能性があるとの出版側の主張に対し、その後、福田君直筆のものが出された)、そこには「事前に(原稿)確認を取らせて欲しい」と約束していた旨の主張が載っている。
 これを見る限り、出版側は不利なようにも思えるのだが……。

閲覧数 (28116)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 12月  »  »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
(1) 2 3 4 ... 8 »