• 2009/12/17
  • 執筆者: Yamaoka (6:00 am)

小沢一郎幹事長の特例会見発言に、政治結社が送付した糾弾文書の内容

 小沢一郎民主党幹事長(冒頭左写真)が12月14日、天皇と中国の習近平国家副主席(同右写真)との特例会見につき、憲法の定める天皇の「国事行為」に当たるとして、羽毛田信吾宮内庁長官(下写真)に、「反対なら辞表を提出した後に言うべきだ」といった発言をしたことが波紋を呼んでいる。
 共産党の志位和夫書記長さえ、記者団に「外国賓客と天皇との会見は国事行為ではない」(公的行為で、内閣の助言と承認を必要としない)というなか、政治結社が、早速、小沢氏宛てに「糾弾声明」を出していることがわかった。
 本紙はその文書を入手したので、以下に転載する。

閲覧数 (92241)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 10月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
(1) 2 3 4 ... 8 »