• 2010/04/22
  • 執筆者: Yamaoka (8:30 am)

<主張>本紙ネタ元などーー通常ではあり得ない、「INAX」などに対する信用失墜、名誉毀損容疑による逮捕事件の内実(下)

 (上)を見たい方(←ココをクリックのこと
 (中)を見たい方(←ココをクリックのこと

中井洽国家公安委員長の名誉を毀損していた!? 文書の存在

 今回、逮捕された今田順仁氏らが取引先などに配布し、住宅設備機器「INAX」(本社・愛知県常滑市)などの信用失墜、名誉毀損をしたとされる複数の文書のなかに、現在の民主党政権で、国家公安委員長という、全国の自治体警察を管理する重責にある中井洽国家公安委員長(冒頭写真=『週刊新潮』4月8日号)に触れたものがある。
「金澤物流サービスと民主党伊賀市会議員坂井悟の関係」というタイトルがついており、こんな書き出しになっている。
「金澤物流サービスが坂井悟議員を応援する見返りに、金澤の違法建築を、中井ひろしと共に、伊賀市、三重県に行政指導をしないように圧力をかけ、伊賀市の市街化調整区域の線引きを変え、合法化するように動いている……」
 この文書はA4で4枚。事実なら、選挙違反に関する記述もある。
「金沢物流サービス」という会社は、今回の事件の舞台である、INAXの上野緑工場(三重県伊賀市)に工場労働者を派遣したり、同工場の製品や部品を保管する倉庫を提供していた地元企業。
 そして、ここに出てくる坂井市会議員の後援会長を務めている。
 伊賀市は人口約10万人。約30名の同市議会議員のなかで民主党所属はこの坂井氏だけ。そして中井国家公安委員長はいうまでもなく民主党代議士で、また伊賀市は自分の地元であり選挙区。
 さて、問題の文書が触れている「金澤の違法建築」とは、同社本社敷地内に建つ複数の倉庫の一部を指す。
 指摘通り、都市計画法、建築基準法に違反したまま放置されていた事実が昨年発覚し、昨年9月を持って、INAXは金澤物流との倉庫に関する契約を解除している。
 そして、この事実が発覚し、大手マスコミでも報道(上写真=「朝日」09年10月31日記事)されたのは今田氏らが告発に動いたことが契機になっていた。
 同記事のなかにこんな記述がある。
「今年(09年)5月末、倉庫を違法建築と指摘する文書がINAX側に届いた後、契約内容を実態に合わせるとして……」
 このように、今田氏らが告発した内容は、決してデタラメなものでないどころか、是正に繋がってさえいる。
 ところが、

閲覧数 (27455)
印刷用ページ 友達に送る
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ
«  «  2019 11月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
(1) 2 3 4 ... 8 »